SITE NAVI
学校で学んだ専門知識で今の仕事に役立っていること

学校で学んだ専門知識で現在の仕事に役立って生かしているものと言えば、小学校から高校まで家庭科でミシン使いを学びました

学校で学んだ専門知識で現在の仕事に役立って生かしているものと言えば、小学校から高校まで家庭科でミシン使いを学びました。
クラブ活動も手芸クラブに入り、ミシンや手縫いなどで色々な物をハンドメイドで作りました。
ミシンの使い方、専門用語もたくさん覚えました。

そのお陰で、現在はハンドメイド物や洋服のお直しをする仕事をしています。元々、ミシンや手芸は好きで得意だったから、こうやって仕事として生かせるのは幸せです。
それに身についた技術は一生のものなので、老後もきっとミシンを触っているのだろうと、思っています。
手に職を持つことは、地味な仕事に見えるけれど、なくてはならない大事な裏方のような仕事です。
色々な人が何気なく着ている洋服をクリーニングに出したら、糸のほつれのお直しやボタン付けやズボンの裾上げなどをやっています。見えないところで針と糸を使って、多くの人に役立てています。
そう考えたら、学校で学んだ家庭科のミシンと手芸クラブは、私にとっては将来を決める運命だったのかもしれません。

サイトリンク

Copyright (C)2017学校で学んだ専門知識で今の仕事に役立っていること.All rights reserved.