SITE NAVI
学校で学んだ専門知識で今の仕事に役立っていること

学校で学んだ専門知識で

学校で学んだ専門知識で、今の仕事に役立っていることと言えば、人によってそれぞれだとは思いますが、私の場合は何といっても商業簿記です。

私が通っていた高校には、普通科の他に、商業科のクラスがありました。
私は普通科に進学したのですが、授業の選択の際には簿記の履修もOKだったので、将来何かの役に立ちそうだと思ったので、簿記の授業を受ける事にしました。

不景気の最中という事もあってか、普通科の生徒でも多くの人が簿記を選択していて、週に1度の授業で3級合格の実力をつけるのが目標になっていたように思います。商業科の授業の簿記は、もっと履修時間が多くて、工業簿記も学んでいたようです。
なので、授業で分らない所や難しいと思った所は、商業科の友達によく教えてもらいました。

それらが役に立ったのは、アルバイト先での経理の手伝いをした時です。
簿記の経験の有無は、採用時にはあまり重視されていなかったのですが、高校の時に学んだ知識が活かせて、更に良い勉強になったと思います。そして、更に上の資格を取得して、今の仕事に役立てています。
次々とパソコンソフトも導入されるため、たとえ資格や経験があったとしても、学ぶ事が多い仕事だと思います。

サイトリンク

Copyright (C)2017学校で学んだ専門知識で今の仕事に役立っていること.All rights reserved.