SITE NAVI
学校で学んだ専門知識で今の仕事に役立っていること

学生の時のバイト経験がキッカケで

学生の時のバイト経験がキッカケで、料理の仕事に興味を持ち、調理師の専門学校に進みました。
卒業後は食品メーカーで調理師として活躍しているので、学校で学んだ専門知識が、今ものすごく役に立っています。
学校では料理の技術だけでなく、食品衛生学や栄養学、食文化、食品学など様々な知識を学びました。
調理師は腕や技術が重要だと思っていたので、食文化を学んでも役に立つのだろうかと疑問に感じていましたが、今はその知識がかなり役立っています。
日本もグローバル化で、世界各国から色々な食文化や食材が入ってきています。学校で世界の食文化についても学んでいたお陰で、珍しい世界中の食材も、どんな料理に使われていて、どう調理すれば良いのか、どんな栄養があるのかも分り、幅広いメニューが提案できるようになりました。

また。今の時代は食育に関心を持つ人が増えているので、学校で勉強した栄養学も、すごく仕事に生かされています。美味しくて、尚且つ栄養バランスの良いメニューが作れるのも、栄養学の知識があるからかもしれません。それに衛生学も、職場の衛生管理には欠かせない知識となっています。

サイトリンク

Copyright (C)2017学校で学んだ専門知識で今の仕事に役立っていること.All rights reserved.